So-net無料ブログ作成

アロマやハープで睡眠障害が緩和できる? [うつと睡眠障害]

数年前から、アロマやハーブという言葉をよく耳にする機会が増えたと思いますが、人間は嗅覚が感じ取る物によって、自分の感情が大きく左右されることがあるのです。このような人間の性質を利用し、アロマやハーブで睡眠障害を緩和することが出来ます。




既にヨーロッパでは古くから、睡眠薬のかわりに薬用のハーブが用いられている歴史があります。

効くか効かないかは、薬でもあるようにアロマやハーブでも同じことが言えるので、効果にも個人差があるでしょう。

しかし、あまり睡眠薬は服用したくないとお考えであれば、アロマやハーブを一度試してみてはどうでしょうか。

アロマと先程から言っていますが、実際はアロマテラピーのことで、香りで人間の脳に働きかけます。

アロマは方法も簡単で、アロマ専用のウォーマーで温めて寝室に置いておくだけなのです。

置いておくだけで部屋の中に香りが広がるので、その香りで精神的にリラックス出来ると言われています。

アロマには様々な種類があるのですが、睡眠障害に効果がある物としては、「ラベンダー」「ベルガモット」「イランイラン」などがあります。

ハーブも飲むだけなので、方法としては簡単ですよね。

睡眠障害に効果があると言われている代表的なハーブとしては、「聖ヨハネ草」があります。

聖ヨハネ草は、昔からアメリカやヨーロッパでは、うつ病や不眠症の治療薬として使用されています。

このハーブには鎮静効果があると言われているので、アメリカ・ヨーロッパでは愛用者が数百万人いると言われています。

使用する際には、一度かかりつけの医師に相談すると良いでしょう。カプセル状になっている物や粉末、液状の物と形態も様々です。



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました