So-net無料ブログ作成

漢方で睡眠障害を克服できる? [うつと睡眠障害]

睡眠障害の一つとして、慢性的に眠れない状態が続くような不眠症などがあげられます。不眠症を治療するために睡眠導入剤などを服用することはありますが、このような睡眠障害を漢方薬で治療することは可能なのでしょうか?




不眠症に効果があると言われている漢方薬は、様々な種類がありますが、いくつかここで紹介したいと思います。

代表的な物としては、「大柴胡湯」「半夏厚朴湯」「抑肝散」「温経湯」などがあります。

半夏厚朴湯にはイライラを沈めるような効果もあるので、不眠症などにも用いられています。

上記であげた漢方薬は、心の緊張やストレス、疲れをといて、自然な睡眠に導入出来るような効果を持っています。

実際、漢方薬を服用してからすぐに、安定した睡眠を得られるようになるわけではありません。

漢方薬は元々即効性のある物ではなく、継続的に服用し続けて効果があらわれてくる物なのです。

早い方であれば、服用し始めてから1ヶ月前後で効果があらわれてくる方もいますし、遅い方ですと、それ以上の期間服用しないと効果があらわれない方もいます。

一番良い方法は、漢方薬を服用しながらも、不眠症などの睡眠障害の原因となっている要素を取り除いてあげることです。

漢方薬を服用し続けているだけでは、根本的な治療にはなりません。

睡眠障害を起こしてしまうようなストレスや精神的刺激をなくしたり、毎日不規則な生活をしているようであれば、生活習慣を見直したりしていかなくてはならないのです。

漢方薬も人によって合う合わないがあるようなので、自分にあった漢方薬を見つける必要があります。



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました